ホーム > 医療 > 乾いた咳と湿った咳で対処も違う

乾いた咳と湿った咳で対処も違う

子供の咳は一種の防衛反応です。

 子供ののどや気管の通りをよくするために起こります。

 乾いた咳が出る場合は、ホコリを吸い込んでしまった・刺激を受けた時・風邪などで咽が腫れているなどが考えられます。

 これはコンコンといった感じの軽微なもので、その他に具合が悪そうでなければ大丈夫でしょう。

 そして、湿ったような感じの咳の場合ですが、気管支が腫れてしまいタンが絡んだときに、それを切るために起きます。

 気管支へゴミなどが入った場合であれば、何回かで収まりますから、このケースであれば、心配ないでしょう。

 一方、激しくて息をするのが苦しそうだ・唇や顔の色が青白くなっている・ゼーゼー、ヒューヒューというような異音がしていて、呼吸困難状態・声がかすれるなどの症状が見られる場合は、夜中でも病院へ連れて行った方がよいようです。

 加えて熱などがある場合も急いで小児科へ連れて行って下さい。

 対処法としては、軽い症状であるのなら、上半身を起こしてあげると楽になります。

 楽な姿勢にしてあげて、換気をする・加湿器で湿度調整をするなどは効果があります。

 それから、空気が乾いてる場合は、何度も水分補給をさせるといいでしょう。

 その場合、冷えた物・柑橘類のジュースは避けて下さい。

 これらはかえってのどを刺激するので、よくないのです。

 尚、症状が出ると胃が圧迫されるので、吐いてしまう子供が多いですが、その後は元気であれば問題ありません。子供が飲めるDHAサプリ

 


関連記事

乾いた咳と湿った咳で対処も違う
子供の咳は一種の防衛反応です。  子供ののどや気管の通りをよくするため...
PMSと血糖値には関係があるのか
普段より食事の量が増えたり、甘いものを好むようになります。月経の間は体力を非常に...
アトピーの肌を改善するには?
アレルギー疾患で悩む人が増えている現代においても、特にアトピーで悩む人は昔から多...