ホーム > メニエール > メニエール病ってどんな病気?

メニエール病ってどんな病気?

フランスの名医プロスパー・メニエールが、当時めまいが起きるのは脳卒中だとされていた中、めまいは内耳に起因していることを初めて特定した医者で、このことから、内耳性によるある種のめまいはメニエール病であると判断されるようになりました。

厚生労働省により特定疾患に指定されている難病です。

 

 

ストレスや脱水には色々な症状がありますが抗利尿ホルモンは脳下垂体から分泌を促しますが原因により増加してのは以前から知りわたっていました。

 

そこで水分を摂取をこまめにしたりストレスを抱え込まないようにすると抗利尿ホルモンを低減させ水分が内耳にたまりにくいだけじゅあなく内耳にある血液の循環が流れがよくなると言われて考案されたのが、水分摂取療法と言われるやり方です。

 

 

 

メニエール病とうつ病は深い関連がある病気です。

 

うつ病を発症した際にも、めまいや耳鳴りなどの症状が起こります。このようなめまいは心因性のめまいといわれ、三半規管など耳の器官による病気のものとは区別されていますが、メニエール病との診断を受けて治療を受けたが回復することが出来ず、実際は心因性によるめまいだったといった事例もあります。

 

職種にもより変わりますが、仕事中にメニエール病の発作が襲ってきたら多かれ少ないとも言いきれず、業務に影響がでるのは避けることができません。普通に過ごせなくなる位の発作がないと、問題にもならずに普通に生活が毎日おくれているはずが、メニエール病患者にはすごく悲しいことでしょう。

 

自分以外には無理なため関係する段取りが成立しないワークはできないです。それに発作がおきるか分からない中で、発作が起きたら、もし会社が懇願が出されたら何も出来ないばかりにそういう事態になったときは、容易に考えられ自分にしか出来ない仕事は引き受けないようにしょう。半夏白朮天麻湯の効果・効能:メニエール病・めまい・副鼻腔炎・胃下垂